Japan

鳥取 森の古民家かろり

ひさびさに、日本の宿を紹介したくなったので、昨年訪れた鳥取県の森の古民家かろりという宿について。

この宿は一軒ごと貸し切れるタイプの古民家。

兵庫県を抜け、鳥取の田舎道を進んでいきます。

 

ひっそりと建っているのが、一軒家のこの古民家。

内装はおばあちゃんの家に帰ってきたかのような、古き良きインテリア。

暖炉が3つも設置されていて、普段暖炉を触ってみる機会がないからワクワクした。

薪を割り、火を灯し、なんだか昔にタイムスリップしたような感覚。

インテリアは昔にタイムスリップした感覚だったけど、アメニティや自炊できる環境は完璧だった。

女性に嬉しい、化粧水や乳液、クレンジング等のアメニティもしっかり付いていたよ。

寝室も素敵で、寝室の横には畳の部屋があり、畳で寝たい人のために、布団も完備されていた。

私が1番面白いと思ったのが、このお風呂。

五右衛門風呂で、お湯はもちろん水道からも出るけど、かまどで沸かす体験もできるの。

外のかまどでお湯をわかすのに葛藤し、その間に鍋を食べ、1時間後。ゆっくりお風呂に浸かりました。

結構深くて広くて、はじめての体験でわくわくした。

きっと昔の人はこうやって、寒い中至福のひとときを夢見て笑、お風呂を沸かしたんだろうなって。

温かみがある、古民家でした。

冬訪れる場合は、外は寒いので、厚着で行くことをおすすめします。

 

少し鳥取観光にも出向いたよ。

定番の鳥取砂丘と、鳥取砂丘付近にあった海鮮丼やさん。

海鮮丼屋さんはしっかり人数制限されていて、コロナ対策はなまるでした。

 

コロナ時期、一軒家の貸切宿は、やっぱり落ち着くし、不安も軽減される。

近くのスーパーで食材を買って自炊するゆったりとした休日を過ごせました。

宿を検索して気づいたんだけど、鳥取は良い宿が多くある印象だったなぁ。

GOTO再開したら、他の素敵な宿も訪れたいし、こういうゆったりした旅もまたしてみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です