Italy

イタリア北部 魔女の宅急便の街へ

2019年の夏、2回目のイタリア。

今回は、マルタ留学時代の友達に会いに、イタリア北部へ。

またまた行く前にハプニングが起き、香港のデモでフライトがキャンセルになり、急遽当日に取ったエミレーツ航空のチケットでミラノへ。こういうの多い…

はじめてのエミレーツはとても素敵でドバイ乗り換えをし、ミラノ空港から友達の住むピアチェンツァへ。

電車の乗り方が分からず時間が思ったよりかかり、発車直前の電車の車掌さん向かって猛ダッシュ。

駅へ着くと、友達カミラが仕事だったため代わりに、知り合いのおばさまが、待ってくれてた。熱い抱擁と待ってましたとばかりに、ちゅーをされ、イタリアに来たなぁと実感。

 

次の日カミラが迎えに来てくれて、最近の近況を話しながら、一緒にクレモナという街へ。クレモナは魔女の宅急便の舞台になったバイオリンで有名な街。

 

とても綺麗なクレモナにあるイタリア最大の塔に登った。クレモナの街が見渡せるとても綺麗なスポット。中は博物館のよう。

どこを撮っても映えるクレモナの塔の中。

クレモナの街の建物は歴史を感じる外壁で、イタリアにきたなぁと感じさせてくれる。

 

ピアチェンツァへ戻り、街をうろうろと。このような通りがあるのもヨーロッパならでは。ただの通りでもオシャレで、好きが溢れ、思わずシャッターを切ってしまう。

友達が仕事の間は、ひとりでうろうろして、その時間も好きになるほど素敵な街だった。

イタリアの田舎は英語があまり通じず、カフェで1人で頑張って、ドルチェ、ティラミス〜、ウノ!(デザートのティラミス1つ)って注文し、観光客と少しお話しした。

1人旅で友達に会いに行くときの、醍醐味は1人で半日散策することかもしれない。知らない街を観光で訪れる機会がない街を散策し、リアルな生活を垣間見る。

 

夜は、友達の両親が、宿泊していたゲストハウスまで迎えにきてくれ、ディナーへ。

場所は、castell arquato というとても景色が綺麗な丘。

とても異世界で、素敵な場所だった。

友達の両親もとても優しくて、何歳になっても2人で手を繋いで仲良く歩く姿に私もこんな家庭を築きたいなと思いながら。

イタリア人は夜になると、おしゃれをして出かけるんだけど、この日も皆んなでお洒落してディナーをご馳走いただいて、幸せなひとときだった。

友達が素敵な人だと、その家族も素敵な人で、おもてなしをしてくれ、愛情いっぱい注いでくれる。お別れのときは悲しくなってしまうほどに。

 

縁って素敵。こうやってイタリア、ロシア、ドイツ、オーストリアなどどこの国でも家族みんなに優しくしてもらうと、私も、子供の友達は、誰でも愛したいな、おもてなししたいなと思う。国籍やバックグラウンド年齢とか関係なくね。

最終日は仕事終わりの友達とピザを食べ、イタリア北部の素敵な景色と人々にお別れし、ミラノへ。

次回はミラノについて、書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です